2006年01月09日

Max/MSP @ 音楽

img1

前々から興味のあったMaxの体験版をダウンロードして少し使ってみました。David Zicarelliの関わったものなので、IRCAMの名前が起動時に出てくるのは理解出来るのですが、Pdの記載があるのは驚きました。まともに使った事はないのですが、音のプログラミング環境としてはSCなんかと並んで目にする名前です。Portions based on Pdなので、部分的なところでPdが基本になっているようです。PdとMSP自体がMax/FTSの影響を受けているようなので、ともに関係を持ちつつ開発されたという事なのかも。

まだ少ししか触ってないので、理解出来てない部分も多いのですが、オブジェクトの数なんかを見ると色々と面白い事が出来そうです。ただ、インターフェイスは最低です。過去のZicarelli作品のMなんかは、あれはあれで良かったと思いますが、Maxのこれはかなりダメですね。ツールボックスで纏めるとか、グリッドの表示もあった方がよいし、Shadeなどの3DCGツールに良くあるブラウザも欲しいです。中途半端なGUI化はちょっと疑問。その点SCは潔いですからね。ちゃんと勉強しないと何も組み立てられないので、音すらも出ません。(笑)

Cycling '74: Max/MSP for Mac and Windows
>>関連リンク

閲覧数: 2336 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト