2008年01月27日

攻殻機動隊 @ 映画

マトリックスに影響を与えたという攻殻機動隊をずっと見たいと思っていたのですが、なかなか見る機会がありませんでした。先日、衝動的に購入して以来、忙しくて見られずストレスに成りつつあったので、忙しいのに見てしまいました。と言っても、他の作業をしながらだったので、よく分からない部分が多々ありました。(^_^;)

先ず見て思ったことは、その後の様々なところに影響を与えたというのは非常に良く分かります。ここまでマトリックスがパックって居たのかとちょっと驚きました。ストーリーはやや近未来の宗教観のような所があり、見終わった後にスッキリしないのですが、ビジュアル的には非常に素晴らしいです。勿論もう何年も前の作品なので、目新しさを感じる部分は無いのですが、当時、リアルタイムに見た人は衝撃的だったのでしょう。あの時代のコンピュータの状況などを考えると、手間を掛けて、非常に頑張っていることがよく分かります。

それから、作品の世界観ですが、ブレードランナーですね。時代設定とか、香港のような街並みとか、何よりもテクノロジーと生命がテーマになっている時点で、ブレードランナーの影響を強く感じます。

ブレードランナーやマトリックスが好きな人は一度見てみると良いかも。アニメのDVDは高いモノが多いのですが、これは廉価版価格なのか、4000円を切ってますし、アマゾンの実売価格は約3000円です。

攻殻機動隊
>>関連リンク

閲覧数: 2356 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト