2004年01月30日

日本語読み上げ @ Mac

先週作った日本語読み上げのApplescriptを改良してサンプルを.Macへ置いておきました。say2.mp3が新しい変換テーブルを使って作ったファイルです。今までは強引に英語の表記に近づけて読ませていたのですが、今回はPhonemic Representation of Speech (IM: S) を参考にして発音の表記にしてみました。まだ適当に変換テーブルを作っただけなので、修正の余地は沢山あります。それから、現在はMonzaiを使ってローマ字に変換してますが、ChaSenを使って仮名変換とアクセントなどのデータを作ろうと思います。上手く行けばウェブブラウザと組み合わせて閲覧が出来る様になるかも。画面を見なくても、ゲームパッドだけで操作できるようにしたいです。問題は一度喋り始めると途中で止められないので、ページをロードした時にAIFFに書き出すなどの処理をしなければならない事かな。<思いつきで実験しただけのプロジェクトなので、いつ完成するか分かりません。

Phonemic Representation of Speech (IM: S)
>>関連リンク

Monzai
>>関連リンク

ChaSen's Wiki - FrontPage
>>関連リンク

閲覧数: 2483 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト