2003年09月02日

ブラウザ特許訴訟敗訴 @ ウェブ

ブラウザ特許訴訟敗訴でIEに修正を加える事を決定したらしい。しかし、Mac版は既に開発を停止している状況なので、修正版が登場するかどうかは微妙な状況ですね。場合によっては公開中止になるのかも。この特許の問題はIEに限った事ではないようなので、MS社のこの対応が今後もしかすると他のデベロッパーに影響を与えるかもしれないです。特にオープンソースのブラウザの場合、特許料を支払う事は難しいだろうから、関係する部分の削除もしくは公開停止という対応になるでしょう。SafariのもとになっているレンダリングエンジンKHTMLのKDEは既に声明を出しているようで、賠償請求があった場合、特許侵害にあたるとされる部分を削除する対応を行うらしい。プラグインやアプレットに関わる部分だけに、IEがどのような修正を加えて登場するのか非常に気になります。(プラグインってNetscapeが特許を持っているのかと思っていました。)

この特許訴訟で米Eolas Technologiesは5億ドル以上の賠償金を手に入れるというのは驚きなんだけど、社員が一人というのももっと驚き。100人の投資家で山分けしても一人5億円以上ですよ。

閲覧数: 2204 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト