2006年03月02日

Corpse Bride @ 映画

img1

ティムバートンのコープスブライドDVDが到着。すっかり予約した事すら忘れてました。(^_^;)

本当は映画館で見たかったのですが、ナイトメアビフォアクリスマスの時同様に、TOHOシネマズ緑井で上映がなかったので、見られませんでした。他の映画館で見ても良かったんだけど、評判が悪かったのか気付いたら終わっていたんですよね。

お仕事しながら少し見たのですが、絵の雰囲気がナイトメアビフォアクリスマスに似てはいるのですが、空気感が全然違います。時間をかけて作った結果なのかな。それにしてもこれだけのモノを1フレームずつ人形を動かして作ったのかと思うと圧巻です。

映画の内容としては何となく「ビートルジュース」と「ナイトメアビフォアクリスマス」の間って感じですかね。ストーリーは全然違うんだけど、モチーフとか雰囲気がそんな感じです。主人公の情けない感じは「ジャイアントピーチ」かな。「チャーリーとチョコレート工場」や「猿の惑星」の様なティムバートンのメジャーな監督仕事とはちょっと雰囲気が違って、「マーズアタック」などに見られるティムバートンの趣味の世界って感じですね。本当は「ナイトメアビフォアクリスマス」の様なセンスの良い映像を期待したのですが、どちらかと言えば「ビートルジュース」や「マーズアタック」ですね。その点が少し残念。雰囲気の良さは流石ティムバートンですけどね。

10年かけて作った作品らしいのですが、3DCGも10年の間に進歩しているので、この位の雰囲気だったら3DCGで2年も時間をかければ出来た気がします。もしかするともっと良い作品になったかも。(笑)

ティム・バートンの「コープス・ブライド」
>>関連リンク

閲覧数: 2479 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト