2009年05月20日

感染力が問題 @

新型インフルエンザの報道を大袈裟だと言ったり、空港で行われている検疫が滑稽だとか、海外でマスクをしている日本人が異常だとか、ブログで書いている人が居ますけど、正直物凄く残念な気持ちになる。(マスコミの報道は一部過度なところはありますが・・・。)

個人的には海外のマスコミが言っていたインフルエンザパーティを行って、弱毒性の内に感染し、免疫を付けたいという気持ちは分からなくもない。

しかし、周りに免疫が低下している人や体力のない人が居たとして、その人達に感染するリスクを無視できるのか?一部の病気では治療薬の副作用で、免疫が低下する場合があります。その様な人たちにとっては、今回の新型インフルエンザに限らず、通常の風邪でも命取りになります。本人達はマスクをしているとしても、周りの人まで強要する無理な事は分かります。しかし、自分にとっても周りにとっても、感染の予防になる事をしている人を嘲笑う事はやめて貰いたい。まぁ、マスクをしている人の殆どが自己防衛ですけど、それでも悪い事ではないですからね。

何故こんな事を書いているかというと、以下の高城氏のブログです。新しい事を色々とやってきて素晴らしい人だと思ってましたが、こんな考えの人だとはガッカリです。

TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-|honeyee.com Web Magazine
>>関連リンク

一応ウェブ魚拓も

(cache) TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-|honeyee.com Web Magazine
>>関連リンク

痛いニュース(ノ∀`):高城剛「日本の病気は豚インフルではなく集団ヒステリー。マスクするのは非礼」
>>関連リンク


それよりも、日本の場合、感染の疑いの段階でもタミフルを処方しているケースがあるらしいので、こちらが問題ですね。タミフル耐性のインフルエンザが登場したら、怖いですよね。その上、強毒性に変異したら、スペイン風邪どころではなくなりますね。

別に、恐怖心を煽っているつもりは有りませんが、出来る事はしておくべきだと思ってます。将来後悔しない為に。

閲覧数: 2380 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト