2011年04月14日

HP ENVY100で資料をスキャン @ Mac

先日参加した時の資料をまだスキャンしてなかったので、HP ENVY100でスキャンしてみた。

ENVY100は、USBメモリーやSDカードなどに直接スキャンしたデータを保存出来る。非常に便利なのだが、操作手順などが連続してスキャンする事を考えられてないみたいだ。設定画面で細かな設定をするようになって居ないので、詳しくない人が簡単にスキャン出来るようになって居ると言う事は分かるのだが、私の様に資料を連続でスキャンする人には不便。

どの辺が連続スキャンしづらいかと言えば、先ずは、プレビューが表示される事。確認してからスキャンの方が良い事は分かるが、確認しない方がワンアクション減るので、連続してスキャンする場合は、早く終わる。出来れば、この辺を設定画面で設定出来るようになって居ると良いんですけどね。それから、蓋。可成り重量があるので、シワがある印刷物でもしっかりと押さえつけてくれるのだろうけど、片手で入れ替えるのはちょっと辛い。少しでも浮いているとピンぼけみたいになるようなので、しっかりと押さえ込む必要があり重くしてある気もするが、もう少し軽くして欲しい。

それと、スキャンが終わってもUSBメモリーへのアクセスが続いている事。アクセスランプがずっと付いている為に抜きづらいです。多分大丈夫なのだろうけど、非常に気持ち悪い。

おそらくは、以前使っていたPSC2450の方が、スキャンモードにして、ボタン一つで取り込めるので、作業的には早く出来そうです。

全体的にはENVY100は悪くないのですが。直接本体を触る場合に、ちょっと疑問を感じるところがありますね。タッチパネルのインターフェイスの場合、色々と自由に出来るのだから、もっと良いインターフェイスに出来ると思うのですが、残念ながらPSC2450よりも操作性が下がっている気がします。多機能と操作性をトレードオフしてしまったような印象。

閲覧数: 2094 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト