2013年09月22日

64bitな環境と32bitアプリ @ Mac

そろそろMac OS X 10.9 Mavericksが登場しそうな状況ですが、我が家のMacは10.7 Lionが未だにメインな環境だったりします。流石にそろそろ10.8 Mountain Lionに移行しないと不都合が生じているので、その準備の為に、サブの環境へインストールして試していたりするのですが、64bitなアプリしか動かないMountain Lionはとっても具合が悪いです。

まず問題になったものは、OpenNI環境。今まで32bitでやって来たため、Unityで使っていたプラグインも32bit。当然、書き出したアプリはMountain Lionでは動かない。しかし、この辺は本当に必要になった時には有料で販売されえているプラグインで回避は出来る。

次に、Wacomのペンタブレット。CTE-630をこれまでイラストやテクスチャ、3Dモデリングで使ってました。しかしこれ。ちょっと古いため。64bit環境のMac用ドライバがない。使用頻度が高く無いため、Lion環境を別に用意して使おうかなとも思うのですが、3D-Coatのライセンス移行が面倒な気もする。そもそもペンタブレットが使えないと3D-Coatの作業効率落ちまくりです。

そして、その他諸々のバージョンアップしてないアプリ。当然の如く64bit対応してない。音楽制作ソフトでたまに使いたいものなんかもダメだった。バージョンアップ代金が1万円ちょいだから、必要な時にバージョンアップだな。

他にも使えないものが出てきそうですが、アプリ開発に必須のXcode 5のLion版が無い以上、OSをMountain Lionにするしか無い状況。使用頻度の高いものは全て最新バージョンなので、問題ないだろうから近日中にMountain Lionにします。取りあえず、サブの環境はMountain Lionだと逆に困りそうなので、Lionに戻した後でメインの環境をMountain Lionにします。

追伸
LionのインストーラーDVDを作ろうと思ったら微妙にシングルレイヤーのDVDのディスクでは要領が足りないんですね。Lionのインストーラーとして8G位のUSBメモリーを買って来てから作業かな。

閲覧数: 2097 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト