2007年05月06日

PICデュアルライター動作確認 @ 電子工作

img1

エレキジャックの付録基板を使って、組み立てをした後、動作確認を行ってなかったので、確認をしました。

まずは、ファームウェアの書き込み。記事の通りに書き込みをしてみたのですが、状態がよく分からずちゃんと書き込めてない雰囲気だったので、手持ちのJDMライターを使ってファームウェアを書き込みました。確認用のLEDも点灯し、上手く行ったようです。記事の通り電圧を確認すると、ちょっと高めだったのですが、許容範囲内のようだったので、次にWriter509のソフトで書き込みを確認。ライターを認識し、書き込みも出来たようです。

次に、USBシリアルアダプターを経由しての書き込みを試そうとしたら、アダプターが紛失。確認できませんでした。

PICデュアルライター648版
>>関連リンク

オレンジ電子工作 PIC Writerを作る
>>関連リンク

USBシリアルアダプター経由での書き込みが上手く行ったら、今度は書き込みの手順を勉強して、Mac用の書き込みソフトを作ってみようと思っています。単純なモノはsdccを使って、Macだけで開発が出来るようにしたいです。

基板のためにもう一冊エレキジャックを買っておいた方がよいかなぁ。

・・・・

Writer509モードにして、USBシリアルアダプター経由での書き込みも上手く行ったようです。PICを抜き差しするのは面倒なので、書き込みを行ったPICの動作確認まで行ってませんが、エラーなど出ずベリファイも上手く行っているようなので問題ないと思います。ちなみにUSBシリアルアダプターは秋月のモノを使いました。現在は電源にACアダプターを繋いでいるので、出来ればUSBから5Vの電源も取りたいです。秋月のアダプターでは電源を取るのは難しそうなので、他のアダプターでも試してみます。ストロベリーリナックスのFT232RX辺りが使えると便利なんですけどね。信号レベルがこれはRS232Cでは無いので、改造が必要かも。

・・・・

JDMモードでPICProg4Uを使って試したのですが、USBシリアルアダプター経由では時間が掛かった挙げ句エラーが出ました。普段使っているWinPicも試そうとしたのですが、ポートの設定が出来ずダメでした。

閲覧数: 3269 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト