2006年08月24日

たけしのコマネチ大学数学科「割当問題」 @ テレビ

前回のたけしのコマネチ大学数学科はエッシャーだったのですが、答えを知っていた立体図形問題だったので、イマイチでした。しかし、今回の「割当問題」は得意とは言えない分野なので、面白かったです。

問題は野球の各ポジションに誰を割り当てるのが望ましい形かというようなモノだったのですが、不覚にも不正解。正直この様なモノの考え方はちょっと苦手です。解説を聞いても、完全に消化しきれない感じがして、モヤモヤした感じですが、時間があるときにでもプログラムに置き換えたりして試してみたいです。

今回のテーマは線形計画法として色々なところで使われている考え方らしいので、手計算で答えを導くことが出来なくても、アルゴリズムくらいは考えられる様になりたいです。株を購入するときにも使えそうですよね。資金に対して、銘柄の変動幅や期間を考慮して、どの様な買い方をするのが最もパフォーマンスが良いのかをシミュレーションしたり出来ますね。株の場合は、色々と複雑な要因で上下するので、簡単に数式化できませんが、一つの判断材料として使う事は出来るかも。

閲覧数: 4195 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト