2006年04月17日

更新されたInternet Explorerでのプラグイン関連 @ Windows

Eolas Technologyの特許問題に影響を受けて、WindowsのInternet Explorerの挙動が、アップデート後変わってしまいます。今までのように自動で開始しない形になり、マウスでクリックするとかエンターキーやタブキーを押す必要があります。自動で開始する部分を回避する為なのですが、今までと同じ見え方にする事は出来ます。JavaScriptを使う方法があるので、関連情報を以下に書いておきます。

Flashなどのプラグインを使う内容が重要な意味合いを持つページの場合は、修正した方がよいと思います。

Macromedia - デベロッパーセンター:発表されたブラウザの更新に備えたアクティブコンテンツ使用Webサイトの準備
>>関連リンク

Macromedia Japan – アクティブコンテンツデベロッパーセンター
>>関連リンク

Internet Explorer 6 : ActiveX 更新プログラム
>>関連リンク

閲覧数: 2515 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト