2006年11月01日

Mac OS XでPIC開発 @ Mac

Mac OS Xでの開発に必用なモノをメモです。

先ずはアセンブラ。picasmと言うモノが定番らしいのですが、配布元が無くなってしまっていたので、変わりに使えそうなモノを探して見付けたのがtpasmです。試してませんが使えるかなと・・・。

Stop looking at this
>>関連リンク

アセンブラの次はCコンパイラ。幾つかあるようなのですが、取り敢えずフリーで情報が多そうなpic_cc。Linux用ですが、Macで使えるらしいです。これも未確認。

pic_cc-0.4.tar.gz
>>関連リンク

こちらがpic_ccを使えるようにする参考になります。

uchi's Pic Pages[ pic_cc(pic cコンパイラ)環境の構築) ]
>>関連リンク

で、最後にライターなのですが、AKI-PICプログラマーを使ったモノしか見つからなかったので、AKI-PICを使った場合の情報が載っているサイト。

Mac OS X によるPIC開発環境
>>関連リンク

MacOSでPIC開発 -PICaglito-
>>関連リンク

AKI-PICで揃えると1万円は越えてしまいそうなので、暫くは、プログラミングはMac。PICへの書き込みはWindowsで行おうと思っています。JDMプログラマーに対応したMac用のライティングソフトがあると良いのですが、今のところ無さそうな雰囲気。

PIC Programmer 2, 16C84, 12C508 etc.
>>関連リンク

AKI-PICがPIC18にも対応してくれれば即買いなんですけどね。今のところ対応しているモノは限定されますし、ライティングソフトも少ないので、PIC18での開発はハードルが高そうです。特にMacで全てをやろうとした場合は。

・・・

色々と情報収集していたら、picasmを見付けました。最新版は上手くmake出来なかったので、Version 1.12cを使うことにします。

PIC microcontroller things (by Timo Rossi)
>>関連リンク

tpasmは使い方が分からなかったので、取り敢えず保留。

閲覧数: 4463 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト