2007年01月29日

某MIDI-CV/GATEコンバータ @ 電子工作

某所でキット販売されているMIDI-CV/GATEコンバータの回路図が販売元のサイトにあったので、少し見てみました。

このコンバータは、沢山の出力があるのに使っているDACは一つだけ。しかも8ビット。どの様になっているのかと思ったら、アナログマルチプレクサ(MUX)で出力を切り替えているようです。そんなことでよいのだろうか・・・。と思ったりもしましたが、130円程度のICを一つ追加することで、出力が8倍になるのだから、コストを考える場合には良い方法かも。

ただ、問題はMUXの制御のために4ピン必要なこと。SPI接続のDACを使っている場合、チップセレクトに4ピン追加したら、既にCSを使っている場合、1+4で5倍の出力になるんですけどね。まぁ、DACが安くないので、MUXを使った方が安くできる気はします。2ch DACにMUXを追加すれば、16chですね。面白いかも。バリエーションとして考えてみます。

閲覧数: 3111 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト