2007年08月07日

広島大学理学部数学教室公開講座二日目 @

img1 img2

本日、公開講座の二日目を受講して、修了証書を頂きました。

内容は、柳原宏和氏の「回帰分析四方山話」と松澤淳一氏の「正多面体の数学」でした。

柳原宏和氏の「回帰分析四方山話」はデータを元に予測すると言うような内容で面白かったです。昨年もそうだったのですが、事前にタイトルから想像が出来る内容よりも、内容が予想できない講座の方が面白かったりします。

松澤淳一氏の「正多面体の数学」はタイトルのまま正多面体やそのれに関連した内容でした。頂点の数とか辺とか面の数って、詳しく説明されても・・・。面白い部分もあったのですが、連日の疲れから途中眠くなってしまいました。御免なさい。m(_ _)m 嫌いなテーマではないのですが、予想できた部分が多かっただけにウトウトと・・・。(^_^;)

平成19年度 広島大学理学部数学教室公開講座
>>関連リンク

閲覧数: 3184 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト