2008年08月05日

広島大学公開講座「数学の基礎と展望」二日目 @

広島大学公開講座二日目終了。

午前は「紐が織りなす数理」。ブレイドに関しての内容でした。暗号化なんかにも使える考え方っぽい。初めての言葉だったので、よく理解できてないのですが、考え方によってはパズルゲームになりそうなので、ちょっと面白かったです。

午後は「宇宙と幾何学」。色々な幾何学がある云々しか覚えてません。(^_^;)

今回は何故か眠くなったなあ。それに今回は難易度高めだった気がします。単に自分のコンディションが悪くて頭に入らなかっただけなのかもしれませんが。

ちなみに今回の講演者のMac率。3/4(75%)でした。のっけからWindowsだったので、広島大学の数学教室はMac推奨だという話は何処へ行ったのか?と思いましたが、その後の人が全部Macだったので、75%でした。二日目は大阪と東京のゲストスピーカーだったのに。数学の世界ではMac率が高いのか?

閲覧数: 2452 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト