2008年02月20日

Adobe Director 11 @ Mac

遂に発表されました。Adobe Director 11。発売は3月末から。

今回の最大のポイントは、Intel MacやWindows Vistaへの対応ですね。逆にそれ以外の所は、あまり大きな変更は無さそうな雰囲気。次のバージョンが開発開始されているので、色々と大きな変更は12で有りそうな気がします。期待していたHavokに関して情報が無いので、対応は12からなのかも。

気になっていたActionscriptへの対応ですが、ネイティブに対応するのでは無さそうな雰囲気です。スクリプトの項目にはLingoとJavascriptとしか書かれてありません。Lingoは昔のままなのだろうか。後方互換のために必要なのかも。(昔のファイルが読めるのならば、ジャングルパークなど再発してくれないかなぁ。)

それから、Directorは、対応しているフォーマットが豊富なので、様々なフォーマット扱う場合はFlashより有利ですね。ビデオはFLV, DVD-Video, WMV, RM, MOV, AVIが扱えるようです。取り敢えず素材はDVD-Videoにしておいて、インタラクティブに見せたい場合などは、非常に良さそうです。

気になる価格は、999ドル。アップグレードは299ドル。過去の値段と同じような気もしますが、それだとアップグレードは48000円かな。(T_T) Photoshop CS3 Extendedのアップグレードが$349で、日本円が48000円、Photoshop CS3 が$199で24762円なので、48000円って事はないよね。

Adobe - Director 11
>>関連リンク

Adobe - Adobe Press Room: For immediate release
>>関連リンク

Adobe,マルチメディア編集ソフトの新版「Director 11」を3月リリース:ITpro
>>関連リンク

物理エンジン搭載の「Adobe Director 11」、3月にリリース - ITmedia News
>>関連リンク

米Adobe、PhysXエンジン搭載の「Director 11」 - 日本語版は6月までに | クリエイティブ | マイコミジャーナル
>>関連リンク

アドビ、3月に「Director 11」をリリースへ:ニュース - CNET Japan
>>関連リンク

現在持っているのはMacromedia Director MXなのですが、これだとDirector自体はMacBook Proで起動できて作業は出来ますが、プロジェクター書き出ししたアプリケーションは起動できません。Shockwave書き出しして、RosettaでSafariを起動すれば見られます。

・・・

どうやらAGEIA PhysXがHavokに相当するモノのようです。

AGEIA
>>関連リンク

NVIDIA、物理演算エンジン開発専門のAGEIAを買収
>>関連リンク

閲覧数: 3181 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト