2010年03月11日

Mac OS X 10.6 Snow Leopardをインストール @ Mac

今までメインの作業環境(MacBook Pro)はMac OS X 10.5を使ってました。流石に色々と対応してないモノが出て来たりして、具合悪い事になってきたので、10.6をインストールしました。

先ずは、バックアップ。ディスクユーティリティの復元を使って、外付けのHDDにコピーを試みたのですが、起動しているディスクをバックアップするのは何か具合悪いのか、12時間以上経っても6割程度しか完了せず、終わる気配がなかったので、キャンセルして、バックアップしたいマシンをターゲットディスクモードにして、もう一台のMacでディスクユーティリティを使って復元しました。160GBが2時間か3時間で終了しました。散歩に行っていたので、正確な時間は不明。

バックアップ終了後に10.6のインストールですが、その前に、ディスクの確認。発売日に買ったモノなのですが、当時、DVDの不具合でインストールが出来ないという不具合が彼方此方で報告されて事を思い出し、不良でないかの確認を行いました。ディスクの番号は下記のページにあります。

Mac OS X Snow Leopard:特定のDVDインストーラーに不具合がある − MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)
>>関連リンク

DVD自体に問題ない事が分かったので、次は、実際にインストールです。クリーンインストールではないですし、HDDの空きが13G程度しか残ってなかった為、少々不安もありましたが、バックアップも取ってあるので、上書きのインストールしました。

インストールする間、晩ご飯を食べてお風呂に入り、1時間位して見てみると終わってました。直後にロゼッタのインストールを聞かれたのですが、取り敢えず、何処までロゼッタ無しで使用出来るのか試してみる事にします。

まず、最初にウイルスバリアのアップデートが表示されたので、アップデートして再起動。

Macのウイルス対策ソフト ウイルスバリア X5 - Mac ソフト、Windows ソフトのことなら act2.com
>>関連リンク

再起動後に、「Director Docker を開くには、Rosetta ソフトウェアをインストールする必要があります。今すぐ Rosetta をインストールしますか?」と聞かれたので、Director Dockerって何よ?とおもって検索して見ると、どうやらhpのプリンター関係のツールらしい。もしかして、プリンターを認識しなくなったのか?と思って、確認すると、環境設定の「プリンタとファックス」からhpのpsc 2450が無い。これは新たに追加する事で表示されるようになりました。

その他、幾つかアプリを起動してみましたが、今のところは、問題なさそう。Adobeは新しい物を使っているので当然として、一部古いバージョンを使っているモノが心配で、その中でも気になっていたScreen Flowですが、起動は出来たし、録画も出来たので多分大丈夫。かな。

使っているツールが非常に多いので、何か具合悪そうなツールもある気がするので、暫くはアプリを起動する度にドキドキですね。

閲覧数: 3530 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト