2010年10月01日

iPhone用カレンダーコンポーネント「Kal」 @ 携帯電話

iPhone純正のカレンダーに似たカレンダーコンポーネントを見付けたので、少し試してみた。

使い方は、Kalの使用例プロジェクトが含まれていたので、それを参考にすれば出来ると思うのですが、一応手順を書いてみる。抜けているところがあったらごめんなさい。

先ず、新規でプロジェクトを作って、Kal.xcodeprojとKal.bundleを自分のプロジェクトに追加します。また、libKal.aを「バイナリーをライブラリーにリンク」に登録します。

次に、ヘッダ検索パスに、Kalのヘッダー(.h)ファイルが入っているフォルダの設定を入れます。そして、他のリンカフラグに-all_loadを追加します。

あとは、こんな感じに書けば動きます。

-(void)viewDidLoad
{
[super viewDidLoad];
KalViewController *calendar = [[[KalViewController alloc] init] autorelease];
[self.view addSubview:calendar.view];
}

そうそう、当然ヘッダーファイルのインポートも必要です。

#import "Kal.h"

も必要です。

あとは、データソースですがこれはまた後で。

klazuka's Kal at master - GitHub
>>関連リンク

閲覧数: 2913 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト