2011年06月20日

OpenCVを使ったXcode用プロジェクトの設定 @ Mac

忘れてしまいそうなので自分用のメモです。

以下のライブラリーをXcodeのプロジェクトに追加。必要なモノだけで可。ここではiPhone用に作ったスタティックライブラリーだけを掲載しています。lipoでまとめたモノなので、実機とシミュレータの切り替えの必要なし。

libopencv_contrib.a
libopencv_core.a
libopencv_features2d.a
libopencv_flann.a
libopencv_gpu.a
libopencv_imgproc.a
libopencv_legacy.a
libopencv_ml.a
libopencv_objdetect.a
libopencv_video.a

以下のフレームワークをプロジェクトに追加。

Accelerate.framework

Other Linker Flagsに以下の二つを追加。

-lstdc++
-lz

Header Search Pathsに以下のパスを追加。iPhone用のOpenCVライブラリーの作成時と、MacPortsでインストールしたOpenCVと別々にヘッダーファイルがありますが、バージョンが同じなので、MacPortsでインストールしたヘッダーを指定しています。Mac用のプロジェクトと同じ記述になるようにする為。

/opt/local/include/opencv/
/opt/local/include/

以上でOpenCVを使えるプロジェクトの設定は終わり。毎回面倒なのでテンプレート化した方が良いかも。

自分用のメモなので、OpenCVのインストール状況によってパスなどは違うと思います。まだまだ勉強中のみなので、質問などしないように。(笑)

閲覧数: 3332 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト