2008年07月17日

iPhone 3GのGPS @ 携帯電話

iPhoneを分解した記事が登場したりして、iPhoneのGPSが何処の何なのか明らかになっているようです。

どうやらメインのチップ同様GPSもInfineon社のモノらしく、このGPSレシーバ「PMB 2525 Hammerhead II」はGlobal Locate社との共同開発のようです。部品を見ても、やはり携帯電話の機能と密接に関わっていそう(A-GPS)なので、iPod touchに同様のGPSを搭載する事は無理ですね。

最近のGPSは新しい方式のDGPSも有るらしく、特に、特定の衛星を使って補正を掛けるSBAS(Satellite Based Augmentation System)がポータブルのGPS端末には採用が進んでいるようです。日本でもMSAS(MultiFunctional Satellite Augmentation System)と呼ばれて居るモノがSBASとして利用できるらしい。是非とも次期iPod touchにはSBAS対応のGPSを搭載して欲しいです。

eetimes.jp 【iPhone 3G分解】 3G対応チップはInfineon社、 メイン・メモリーは東芝が供給(2008/07/14) 〜 EE Times Japan 世界最大のエレクトロニクス情報誌の日本版
>>関連リンク

iPhone 3Gを実際に分解、驚くほど低い製造コストが明らかに - GIGAZINE
>>関連リンク

iSuppli Corporation : Applied Market Intelligence
Seeking Mass Market Acceptance, Apple Stresses Cost Reduction for iPhone 3G
>>関連リンク

閲覧数: 3880 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト