2009年10月16日

Time Capsule 1TB @ Mac

長年使ってきたルータ「BA8000 Pro」が壊れて以来、不自由をしていたのですが、やっと代わりになるモノを買ってきました。色々と悩んだのですが、結局金額的な事とか、機能的な事を含めて考えた結果、Time Capsuleの1Tを買ってきました。

早速、セットアップを行って、インターネットに繋がり、やっと不自由な状況から脱しました。脱したどころか、今まで無線LANはAirMac Expressだった為、802.11nのTime Capsuleは全然速いです。素晴らしい。使っているMacBook Proは802.11nに対応していたのに、全然生かせてなかったんですよね。これでバランスの良い状態になりました。嬉しい。

ただ、一つだけセットアップしていて具合悪いなと感じた点があります。これまではルータと無線LANは別々のモノを使っていたので、AirMac Expressの設定を変更して再起動しても、ルータの方はネットに接続した状態は切れなかったのですが、今回、ルータと無線LANが一体化している為、Time Capsuleの設定を変更して再起動する度に、PPPoEの接続をやり直します。これが時間が掛かる為、トータルでの再起動時間が長くなってしまっている気がします。普段、頻繁にやる事ではないので、問題ないのですが、AirMac Expressは1日、2日で接続が切れてしまう事があり、その度に再起動していたので、Time Capsuleでも同様の事があるとちょっと不便かも。この辺に関しては、暫く使ってみて、不具合を感じたらまた日記に書くかも。

アップル - Time Capsule - Macを自動でバックアップする802.11n Wi-Fiベースステーション。
>>関連リンク

注)何故かアマゾンで売っているTime Capsule 1TBは値段が高いですね。もしかして品薄でプレミアでも付いているのでしょうか?そんなわけ無いか。

閲覧数: 2427 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト