2009年10月04日

単眼レンズ3D撮影カメラ @ 3D

レンズの後に鏡で振り分けて3D撮影するカメラをソニーが発表したようです。二つのレンズを使って左右別々に撮影するモノに比べて、光学的な特性に差が出ない事は理解出来るのですが、一つのレンズだと不具合って無いのだろうか?大きなレンズを使えば、3Dと認識出来るだけの視差を確保出来るって事なんでしょうね。

それにしても2Dって鑑賞出来るってどういう事?裸眼立体視とはまた意味が違う様な・・・。視差が大きくないから、ぼかしレベルに成るって事なのだろうか?実際に撮影されたモノを見てみたいです。

ソニー、240フレーム/秒の単眼レンズ3Dの技術を新開発 - PRONEWS
>>関連リンク

ソニーは2010年に家庭用の3Dテレビを発売すると発表しているので、裸眼立体視出来るモノを発売するのだと理解していたけど、もしかすると、この様なカメラを組み合わせた、擬似的な3Dテレビなのかもと疑いたくなる。

閲覧数: 3246 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト