2012年08月06日

Adobe Illustratorから形状のソースコードを書き出す(4) @ iOS

img1

サンプルとして7セグメントLEDを作ってみた。

Illustratorから書き出した後に、パス毎に色を変更出来る様にコードを追加して、表示非表示のデータを格納した配列をもとに数値指定するだけで表示が切り替わる様にしてみた。なかなか良い感じになったので、その内、時計かなにか作ります。

このような物を作る場合、依然だったら画像を貼付けたと思うのですが、今回の様に描画するコードを書いていると、色を変えたり、カスタマイズが簡単に出来るので凄く便利。Retina対応で、解像度の違う画像を用意する・・・なんて考えなくても良いのが凄く楽。

閲覧数: 2105 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト