2007年12月28日

Flex Builder 2 @ Flash

img1 img2 img3

今までFlexの開発はSDKを使ってきたのですが、試しにFlex Builder 2をインストールしてみました。試用して気に入ったら買うかも。

Flash CSのAS3用UIコンポーネントはAS2用に比べてアコーディオンなど幾つか削られているのですが、Flex Builderを見ると、Flash CSのAS3版で削られてしまったモノは勿論、コンポーネントに沢山のパーツが有ります。これはFlex Builderを使えという事なのかもしれないですね。

しかし、Flashが全て劣っているかというとそうでもありません。FLV関連のコンポーネントはFlashの方が充実しているので、ビデオ中心の場合は、Flexでユーザーインターフェイスのデザインを作るよりは、Flashの方が良さそうです。まぁ、Flashでビデオ周りのデザインをして、Flexで読み込んでも良いわけですが・・・。

それから、MXML出力が出来るFireworks CS3でも、デザインできるコンポーネントが限られるので、デザイン重視の場合、ユーザーインターフェイスは、Fireworks CS3でラフデザインを行い、MXML出力して、Flex Builderで仕上げて、動きの部分はFlashで作りFlex側でSWFLoaderで読み込むと言う形が一番良いのかも。やはり、Thermoが登場するまでは、可成り面倒なことになってます。お願いだからIllustratorにMXML出力を付けてください。>Adobe

Adobe - Adobe Flex 2: Flex Builder 2
>>関連リンク

上の画像はFireworksでデザインを行って、Flex Builderで読み込んだ図です。二枚目の画像から分かるように、ちゃんとパーツ毎に別れてます。三枚目はFireworksでの編集画面です。星形の図形はFireworksではベクトルデータなのですが、書き出した時点でビットマップ(PNG)になってしまうので、当然Flexでもビットマップです。背景の透過処理はされているので、Flex Builderでデザインの調整をすることは可能です。ただ、日本語のテキストを含むファイルの場合、FireworksはShift JIS出力になってしまうので、一度テキストエディタで開いてUTF-8に変更しないと、Flex Builderで読み込んだ場合に、エラーが出ます。

閲覧数: 3587 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト