2009年06月28日

Fireworksのガイドラインをスクリプトで作る @ Mac

Blueprint CSSを使った場合、デザインは指定したグリッドに合わせる必要があります。全体的なデザインをいきなりHTMLで作る時は関係ないのですが、Fireworks CS3で作る場合、Blueprint CSSで使用する数値に会わせた形のガイドラインを作っておくと便利なので、ガイドライン作成のスクリプトを書いてみました。Freehandだとこの手の事は凄く簡単なんだけどなぁ。まぁJavascriptで出来るので、こちらの方が、応用は出来るとも言えます。

Blueprint CSSのデフォルトでは、幅が950pxで、コラム数24、コラム幅30px、余白が10pxになっているのですが、今回は、760pxの幅で使用したいので、コラム幅24px、余白が8pxにします。(Boksを使うと760pxに指定しただけで、コラム幅や余白はこの数字になります。)

スクリプトはこんな感じです。

var num = 24;//コラム数
var col = 24;//コラム幅
var gutter = 8;//余白
var w = col + gutter;

fw.getDocumentDOM().setGridSize({x:gutter, y:gutter});
for (i=1; i< num; i++){
fw.getDocumentDOM().addGuide(w*i, "vertical");
fw.getDocumentDOM().addGuide(w*i-gutter, "vertical");
}

このスクリプトをgrid.jsfとか適当な名前で保存して、コマンドメニューからスクリプトの実行をしてください。

グリッドの設定を余白の幅に合わせていますが、この辺は使いやすい様に変更して下さい。

閲覧数: 3466 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト