2008年07月18日

超低コスト インターネット・ガジェット設計 @ 電子工作

AVRを使った面白そうな本を発見。(タイトルを見る限り何を使っているのか書かれてないので、本屋で見たらスルーしていたかも。)

どの程度のレベルなのかがよく分からないので、本屋で見てから買うかどうか決めます。目次の詳細を見ると「ブレッドボードの使い方」なんて項目があるので、初心者向けなのかも。AVRに関しては私は初心者なので丁度良いかも。(笑)

「超低コスト インターネット・ガジェット設計 第1版 USB.μIP.microSDプロトコールスタックの活用」

1章 オープンソース利用概説
2章 インターネット・ガジェットの設計
3章 オープンソース型設計法
4章 AVR入出力プログラミング
5章 USBプロトコール・スタックを使う
6章 μIP(TCP/IP)スタックを使う
7章 USB.TCP/IP機器設計例
付録 データシートの読み方

超低コスト インターネット・ガジェット設計 第1版 USB.μIP.microSDプロトコールスタックの活用 ・著者:慶應義塾大学教授 武藤佳恭 ・定価:1890円(本体1800円+税) ・B5変 160頁 ・ISBN 978-4-274-50186-9 ・発売日:2008/05
>>関連リンク

ハードワークや色々と重なったストレスから体調を崩してしまい、現在少し仕事をセーブした生活をしているので、気分転換にAVRでもつついて遊ぶかな。

閲覧数: 3369 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト