2006年01月27日

MX Kollectionでフォームの入力チェック @ Mac

img1 img2 img3

InterAKTのDreamweaver 8用機能拡張「MX Kollection」でHTMLフォームのチェックを行うビヘイビアとして「Validate Form」があります。メールアドレスの項目はメールアドレスなのかとか、数字を入力する所に数字がちゃんと入っているかなどをチェックします。

この「Validate Form」を使うとJavascriptを自動的に追加してこれがフォームのチェックの機能になります。入力が間違っている場合は、対象のフォームにターゲットが移動し、近辺にエラーメッセージが表示されるしくみです。

この時に表示されるエラーのカスタムメッセージにスタイルシート付きの記述をしていたのですが、どうもWindows IEだけは<span class="caution">・・・・・・</span>と言うように入力したままの形、HTMLのタグ自体も表示されてしまいます。何故だよ。と思って居たのですが、考えてみたらCSSファイル(tng.css)がリンクされているので、そこでカスタマイズで来るのでは?と思って捜してみたら有りました。CSSファイルを個別にアップしてなかったので気付かなかったのですが、form_validation_field_error_error_messageというクラスでエラーメッセージに色が付いていたようです。デフォルトでは#cc0000に成っていたので、#ff0000に変更。これでこちらの望んでいた形になりました。素晴らしい。幾つかの部分では勝手にスタイルシートが追加されて不便に感じていたのですが、「Validate Form」に関しては便利です。

閲覧数: 3360 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト